沖縄セレクション

シークヮーサーこしょう

880税込

食欲そそる、香りと刺激。
石垣島 / 特産離島便
商品コード
B27-0012

完売致しました

 →再入荷お知らせメールの登録はこちらから
<シークヮーサーこしょう×うどん>

【材料】
本品、うどん、めんつゆ、レモン、ねぎ
【手順】
1. うどんを茹で、器に盛る
2. めんつゆを回しかけ、本品、レモン、ねぎをのせる

 
<シークヮーサーこしょう×鶏肉>

【材料】
本品、鶏肉、長ねぎ
【手順】
1. 鶏を竜田揚げにする(グリルでもよい)
2. 皿に盛り、本品と焼きねぎを添える

 
<シークヮーサーこしょう×豆腐>

【材料】
本品、豆腐、ねぎ、ごま油
【手順】
1. 豆腐を器に盛る
2. 本品、ねぎを添え、ごま油をかける

 
 
シークヮーサーは、青いうちに摘みます。収穫は、10月~12月。
香り、酸味の強い、旬の初めのシークヮーサーです。果実を果汁と果皮に分け、果皮だけを材料に使います。

 
さわやかな、果皮の香り。素材の味を、引き立てます。サンドイッチのマスタード代わりに。
カツオのタタキ、お刺身、おでんの薬味に。汁物には、ひとさじ加えるとおいしい。和食、洋食、どちらも合います。

 
果皮の香りは、時間との勝負。スタッフ総出で薄皮、種を取り除きます。
素早く、丁寧に取り除くことで、シークヮーサー本来の風味が生きるんです、と曽我さん。

 
絞った皮が、もったいなかった。生産農家の本心から生まれた商品です。作り始めて10年。
 
今では全国に多くのファンが出荷を待つ、店の看板商品です。
 
石垣島、海のもの山のもの、この社名は創業者、父の原体験から。
給食のない子ども時分、昼ごはんは弁当でした。おかずも米も島でとれるもの、海と山のものです。
社名は感謝の思いです。

 
二代目曽我潮丸(うしおまる)さんは、父の思いを継ぎ、島の味を作り続けます。
 
赤瓦の古民家は沖縄の象徴。屋根のシーサーは守り神です。
 
青い海と青い空。石垣島でお待ちしています。
 
名称 調味料
原材料名 シークヮーサー果皮(沖縄県産)、唐辛子、醸造酢(小麦を含む)、食塩、泡盛
アレルゲン 小麦
内容量 55g
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて冷暗所に保存 ※開封後要冷蔵
賞味期限 2021年3月以降のものをお届け
製造者 (農法)石垣島海のもの山のもの生産組合
沖縄県石垣市桃里165-413
 
栄養成分表示
エネルギー 53kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 0.5g
炭水化物 10.9g
食塩相当量 10.4g
※100gあたりの値です。この表示値は目安です。